Excelエクスポート(見積明細)

(1)エクスポートする物件を開き、「ファイル」>「エクスポート」>「Excel」 を選択します。

 

(2)エクスポート対象が「見積明細」となっている事を確認し、テンプレートファイルを選択してください。

テンプレートファイルを選択すると、右側のパネルに読み込んだテンプレートファイルが表示されます。

「次へ」を選択してください。

 

(3)この画面では出力形式を設定します。設定したら「次へ」を選択してください。

No. 分類 項目 説明
1 表分割 出力先Excelの1シートにおいて、表の区切りをどのように出力するかを設定します。
1ページ毎に1つの表を出力する 1ページに1つ表を定義します。

ページの数だけ表が出力されます。

全ページに渡って1つの表を出力する Excelの1シートに対して、表を一つのみ定義します。複数ページ存在していても表は一つのみです。
2 シート分割  工事項目毎にシートを分けるか否かの設定を行います。
1工事項目毎にシートを分けて出力する  見積明細ツリーの1工事項目毎にシートを分けて出力します。
 全工事項目を1シートに出力する シートに分けることなく、1シートに全ての工事項目データを出力します。
3 シート名設定 シート分割:”1工事項目毎にシートを分けて出力”の場合のみ設定できます。シート名の設定をします。
工事項目名をシート名に設定する 工事項目名をシート名として設定します。シート名が重複しないように内部的に連番が振られます。
下記テキストをシート名とし、末尾に連番を付加する 指定された文字列の末尾に連番を付与したものをシート名として設定します。

 

(4)テンプレートとなるExcelファイルの各シートに対して、シート種別やデータ開始行などを設定します。

設定したら「次へ」を押下してください。

 

 

No. 分類 項目 説明 備考
1 タブ テンプレートExcel中の各シートがタブ表示されています。
2 シート種別 そのシートの種別(表紙なのか明細なのか)を設定します。
未選択 特に種別がないことを表します。最終的なエクスポートファイルにそのまま出力されます。
表紙 表紙として設定すると、後の画面で件名概要の内容を出力設定できます。
表紙と明細 表紙としても明細としても設定することを表します。後の画面で件名概要の内容及び明細の内容を出力設定できます。
明細 明細として設定します。後の画面で明細の内容を出力設定できます。
3 1材料当りの段数 1材料を何段で出力するかを設定します。

1~10段まで設定可能です。

「表紙と明細」または「明細」の場合のみ設定可能
4 データ開始行 明細の出力開始行です。指定した行から明細が出力されます。 「表紙と明細」または「明細」の場合のみ設定可能
5 データ終了行 明細の出力終了行です。指定した行まで明細が出力され、残りは次のページまたはシートに出力されます。

データ開始行より大きい値である必要があります。

「表紙と明細」または「明細」の場合のみ設定可能
6 1ページ当りの行数 1ページとしての行数を設定します。

データ終了行より大きい値である必要があります。

「表紙と明細」または「明細」の場合のみ設定可能
7 総計行出力 総計行を出力する 総計行を出力する/しないの設定をします。 「表紙と明細」または「明細」の場合のみ設定可能
データ末尾に出力する 総計行を各明細データの末尾に出力します。 「総計行を出力する」の場合のみ設定可能
最下行から~目に出力する 総計行を最下行(個々の表の最下行)から何行目に出力するかを設定します。

表の最下行に出力する場合は1を設定してください。

表分割が「1ページ毎に1つの表を出力する」かつ

「総計行を出力する」の場合のみ設定可能

 

 

(5)シート種別を「表紙」または「表紙と明細」と設定したシートがあった場合、件名概要項目の値をそのシートに設定することができます。

左の件名概要項目を右の表紙シートにドラッグ&ドロップして、項目をマッピングしてください。

マッピングが完了したら「次へ」を選択してください。

 

(6)工事項目の出力順序及び出力する項目/しない項目の設定を行います。

設定ができたら「次へ」を押下してください。

 

No. 項目 説明
1 全追加 全項目を出力項目に設定します。
2 追加 選択された項目を出力項目に設定します。

ShiftキーやCtrlキーによる複数選択が可能です。

3 削除 選択された項目を削除項目に設定します。

ShiftキーやCtrlキーによる複数選択が可能です。

4 リセット 画面遷移前の状態に復元します。
5 ↑ ↓ 出力項目の順序設定を行います。

 

(7)明細(総括表、総括明細、内訳明細)を、参照するテンプレート毎に出力対象のシートにマッピングします。

No. 説明
1 物件名称, 工事項目名, 工事項目名(フルパス)を明細の材料とは別に設定できます。

材料毎に設定されません。シートまたは表毎に設定されます。

2 明細項目の設定です。材料毎に設定されます。

 

マッピングは項目のドラッグ&ドロップにより行います。

右側の出力先のシートはシート種別「表紙と明細」または「明細」に設定したシートのみ選択可能です。

 

★シート種別「表紙と明細」の設定について

シート種別「表紙と明細」に設定したシートに関しては、出力結果が1シートに収まりきらなかった場合、残りのデータを別の明細シート(シート種別:「明細」)にマッピングさせることができます。

シート種別「明細」シートで項目マッピングした後は、他の「明細」シートを選択できませんが、シート種別「表紙と明細」シートで項目マッピングした後は、他の「明細」シートを選択できます。

 

(8)最後のテンプレートのマッピング時に「印刷」ボタンが表示されます。

 

印刷ボタンを押下すると、エクスポート完了後に即時印刷プレビュー画面が表示されます。

次へボタンを押下すると、出力先のファイルの選択を促されるため、出力先ファイルを選択するとエクスポートが開始されます。

 

(9)エクスポートが開始されます。

出力データによっては時間がかかる場合があります。

 

(10)エクスポートが完了します。

No. 項目 説明
1 完了 ウィザードを終了します。
2 フォルダを開く エクスポート先のフォルダを開きます。
3 印刷する エクスポートファイルの印刷をします。

rakuoh-admin has written 74 articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>